FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月27日 

2016.01.27 23:17|院内レク
こんばんは。

気が付けば、1月もあと数日です。
ついこの間年が明けた感じですが、もう1か月も経ってしまいました。
ぼーっとしているとあっという間に時が過ぎてしまいますね。

さて、昨日の院内レクのご報告です。

今、入院しているのは3人ですが、今日は入浴などもあって最初はお二人、途中からはおひとりとお話ししてきました。
ばるとすスタッフの1人と初めてお会いする子もいたので、「自己紹介ゲーム」なるものをやろうと思ってましたが、話があれよあれよと進んでずーっと喋り続けでした。
あ、ちなみに「自己紹介ゲーム」とはチームに分かれてお互いに聞きたいことを出し合って答えるという、院内レクで何度もお世話になっている超単純なゲームです。

初入院の子も少しずつ病院での生活に慣れてきたようですが、3人とも体調がすぐれない様子。
低気圧が来ると体調が悪くなってしまうことが多いけど、低気圧が去った後に体調が悪くなってきたそう。
本当に、副反応の原因究明が進んではっきりした治療法が確立されることを願うばかりです。

さらに、お話ししていた2人の子が通っている学校には他にも被害に遭った子がいるのだとか。
女子生徒の人数からすると「1%強以上の確率だと思う」と聞いた時にはさすがにびっくりしました。
一般に公表されている被害者数は2000名強ですが、もっとたくさんいらっしゃるはず。

薬害の中でも、被害者数が最大になるかもしれません。
スポンサーサイト

1月26日 雪だるま

2016.01.26 10:44|院内レク
おはようございます。

すごく更新が遅れてしまいましたが、年明けからの院内レクの報告です。


---------------------

さて、年が明けてから急に冷え込んできました。
仙台でも雪が立て続けに2回積もり、気を抜くとつるっと行ってしまいそう。

入院中の女の子たちもあまり外出していないようですが、しっかり小さな雪だるまを誕生させていました。
レクで訪問した時には気温が上がり、既に残骸の割り箸(口か鼻に使ったのかな?)だけが地面に横たわっていましたが…笑


年始から少しあけて、2人が連続で退院していきました。1人は昨年のうち半分は入院していたという入院期間最長の子。
「早く友達と遊びたい」と何度も耳にしていたので、ほっとしました。
夏からずーっとだったので、お疲れさまと何回言っても足りないぐらい。体調が悪化せず、しっかり遊べてることを願うばかりです。

そこから年末年始で帰省していた子たちが帰ってくるなど、中旬ぐらいまでは入れ替わりがあって今は3人の女の子とレクをやっています。
お二人はこれまた入院している期間が長く、お一人は新たに入院してきた子です。

最近はレクというよりお話をするのがメインになってきていますが、久しぶりにUNOをやってみました。
作戦勝ちですぐにあがる子や、攻めたつもりが倍返しになってしまう子など、個性があふれてきます。


---------------------

先週の毎日新聞の記事で被害に遭いながら必死に勉強している子について取り上げられていました。
『接種後に健康被害、また社会とつながりたい 園田さん、きょうセンター試験 大学通えるか…不安も』
http://mainichi.jp/articles/20160116/ddl/k12/040/196000c

レクの合間にも学校生活や進学についてなど、勉強面の不安をお聞きすることはたくさんあります。
中高生の女の子が接種しているので当然のことではありますが、本当に悩みは深刻です。

入院されている間も何か支えになれないか、模索中です。
院内レク以外の場でも支援を行えないか、救済が受けられるように促せないかと考えています。
その時はこのブログでお知らせさせて頂きます。

1月12日 お知らせ 12月29日のブログについて

2016.01.12 19:26|お知らせ
いつもballoons+の活動記録をお読みいただきありがとうございます。
今回は、昨年掲載した記事について、お詫びがあります。

昨年12月29日に、「2015年最後の院内レク」という記事において、そこで子宮頸がんワクチン被害者連絡会の皆様の活動に対して、まるで批判しているかの様な表現を掲載してしまいました。

直接ご指摘頂いたわけではございませんが、関係者の皆様、とりわけワクチン被害にお子様が苦しまれ、身体的にも精神的にも多大な苦労と葛藤を背負いながら中心で活動していらっしゃる保護者の方々にとって、大変不快感を与える内容だったと思います。

心からお詫びいたします。

--------------------------------------

被害を受け、寂しい入院生活の中で少しでも安心できる環境を作り、不安や悩みを受け止め、今後についても一緒に考えていこうと院内レクの支援を行ってきました。
約1年間支援を継続し、女の子たちと保護者の方々と接しする中で、症状や学校生活について、また治療費などの経済的な問題など、直面していらっしゃる様々な問題と本当に苦しく、辛い気持ちを抱えていらっしゃる現実を目の当たりにしています。

その中で、被害者連絡会さまの活動に対して行政への対応に一杯いっぱいになっているのではないか、また活動状況や展望がなかなか見えないといった不安や違和感をお聞きしたことがあるのは事実です。

また、サークル設立時から、これまで接してきた様々な薬害問題においても当事者の方々は血の滲むような努力と苦労、犠牲を払って運動や裁判を起こし、補償だけでなく薬害が二度と起こらないように、制度の見直し等も進めていらっしゃることを目の当たりにしてきました。
しかし同時に、補償や成果を得られても問題を引き続き抱えていらっしゃること、それなのに社会的な理解もなかなか浸透せず、何等の支援もないことに対してどうにかできないかと問題意識を持ってきました。


女の子の支えになりながらお仕事もされ、恐らく試行錯誤されながら問題解決に向けて取り組まれているにも関わらず、まるで被害者連絡会の皆様の活動を批判する様な表現になってしまいました。関係者の方々だけでなくブログを読んで下さっている皆さまが非常に不快な思いをされたと思います。

記事については該当箇所を削除し、お詫び申し上げます。

サークル一同、気を引き締めると共に、今後とも少しでも問題解決のために精進していきます。特に子宮頸がんワクチン問題に関しては、日常的な支援の取り組みを行うことや、救済を促し、社会的理解を形成することに微力ながら貢献できればと考えております。

今後もどうかよろしくお願いいたします。


balloons+
| 2016.01 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

balloons+

Author:balloons+

薬害被害者支援サークル
balloons+

東北大・宮城大・東北薬科大
のメンバーが
仙台を拠点に活動中!!
薬害の根絶と、"心頼医療"の実現
   を目指しています。


HPはこちら!!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。